お葬式での告別式の流れ

準備が整えばお葬式の開始となります。お葬式の1時間くらい前には受付の準備、お葬式の最終確認などを行い、会葬礼状や御礼品等の数など確認しておくべきです。お葬式では弔辞をしてくれるだけでなく、弔電の紹介などもあるため、名前に間違いがないか、また順番なども葬儀社の方と密に打ち合わせします。

受付開始前15分くらいになったら着席し、僧侶が入場してお葬式が始まります。僧侶による読経、続いて弔辞、弔電の紹介などが行われ、喪主、遺族、参列者の順で焼香を行います。焼香が終わると僧侶が退場し、閉式、喪主挨拶などを済ませて出棺となります。出棺の際には遺族がお別れをし、生花によって故人の周りを飾り、棺の蓋をしめ、これが故人との本当の別れとなります。その後、喪主から順番にくぎ打ちという儀式を行い出棺です。

通夜から出棺まで、お葬式はこうした流れになります。お葬式の後、最近は初七日の法要も一緒に済ませる事が多く、これは初七日の法要にまた来てもらう時間を割くのを避けるためです。初七日の法要を済ませることで、再び足を運んでもらうこともなく、次の法要、四十九日まで形見分けなどの時間をゆっくりと持つことができます。遺族のためにもこのような流れの方がゆとりを持った日程となる可能性が高いです。