お葬式までの流れ

家族、近しい方が亡くなる場所は、病院などの医療機関が多くなっています。亡くなってからすぐ、遺体を医療機関等から安置する場所まで搬送する必要があります。遺体の安置場所を自宅とするのか、また住居などの理由から式会場に安置してもらうのかを判断します。

まず葬儀社に連絡し、遺体の搬送依頼が必要となるため、この時に葬儀社が決定していることが求められます。イメージしているお葬式を納得いく形で執り行うことができる葬儀社を選んでおくことも重要なことです。葬儀社に連絡すれば即時、遺体の引き取りに来てくれます。この時、どこに安置するのかなども決めておき、はっきりと伝える事が大切です。

遺体を安置する場所に運び、布団などを整えて寝かせ、亡くなったことを知ってかけつけてくれる方を迎えるための準備に取り掛かります。これは葬儀社の方が首尾よく行ってくれるため、話を聞いて指示に従って動けば問題ありません。枕経などを行う準備が整ってから、喪主、施主となる方は葬儀社とお葬式の段取りを担当の方と相談します。料金や、どのような形で行うのかなど、プランを詳しく説明してくれるため、この時にお葬式で行いたいことなどを説明しておくと安心です。