お葬式の打ち合わせと納棺

遺体の安置が終わり、葬儀社の方と話す具体的な内容は、お葬式の喪主、施主を決定する事が最初です。喪主が決まると葬儀社の方から喪主の役割等の説明があります。さらに急いで訃報を知らせなければならない方に知らせる段取りも必要となるため、誰にどう伝えるのかなども並行して相談し、即電話で訃報の知らせを出します。これもあまりしたくないことですが、できれば近日亡くなるかもしれない人がいるようであれば、訃報の際に知らせる連絡先などをまとめておくと安心です。すぐに連絡する必要がある人、通夜、お葬式の日程がついてから知らせる人と分けておくと便利です。

親族が亡くなった場合、お葬式に参列する必要があるため、忌引きを取る必要も出てきます。そのため、遺族はそろそろ時が来るという時、会社、学校等に状態を連絡しておくと安心です。こうした連絡などを滞りなく済ませることもお葬式の前に考えておくべきことです。

葬儀社と相談しながら色々なことを並行して進めます。遺体を納棺するときには、葬儀社の方の指示通り、清めの儀式等を行って死装束を着せて納棺します。亡くなった方が生前好きだったものなどを棺に入れることも多いため、何を入れるかなども考えておく方がいいでしょう。