お葬式終了から精進落としまで

お葬式が滞りなく終了すると、故人は荼毘に付されます。火葬場に移動して納めの式を行った後火葬です。この納めの式と呼ばれる儀式は、火葬される炉の前で故人との今生の別れとなるもので、僧侶が同行してお経をあげてくれることもあります。焼香を済ませていよいよ故人の肉体は現世を去ることになります。

火葬は遺族にとって最後の別れとなり、非常につらいものですが、火葬されることで故人が亡くなったことを強く認識でき、そこからまた進んでいくためにも重要なことだといわれています。火葬は故人の体格や状態によっても違いますが、通常1時間程度です。その間、お葬式に出席してもらった方で、火葬場まで来てくれた方に挨拶をしたり、親族に次回の法要について日程の調整などを行います。

火葬が終わると遺骨を骨壺に収める骨上げです。二人一組で足の方から順番に骨を一緒に拾って骨壺に納めます。これも喪主から始まり血縁の濃い順番に行い、骨上げを終えることで埋葬許可証を受けとることができます。火葬後、還骨法要の読経を聞き、焼香を行います。その後、地域によっては初七日の法要をここで行うこともあります。これで、お葬式から火葬までの一連の流れが終了です。