通夜、お葬式の始まり

納棺が済むと通夜に入ります。一般的に通夜の2時間くらい前には到着するようにし、参列する方の受付などの準備が必要です。こうした準備については葬儀社の方が段取りなどを説明しながら行ってくれるため心配は不要です。お供物を置く場所、順序、名前に間違いがないかなども確認します。

受付開始の時間に喪主、遺族は着席し、僧侶が到着して通夜の開始です。進行については葬儀社の担当の方が進めてくれますが、喪主は段取りを頭に入れておく必要があります。僧侶の読経が済むと喪主から遺族、参列者の順番で焼香を行い、通夜の終了です。お葬式では通夜、お葬式の後などに喪主が挨拶することになるため、通夜振る舞いの前の挨拶や、お葬式自体の挨拶など、喪主となる人はしっかり考えておくことが必要です。

通夜が終わると通夜振る舞いです。通夜振る舞いはお葬式に来てくれた方々の中で、生前故人がお世話になった方、また田舎である場合は隣組の方等、お葬式の手伝いをしてくれた方に振る舞います。遺族はお葬式に来てくれたことへのお礼と、故人が生前お世話になったことなど、ここでお礼を述べる時間があります。この時間を利用し、翌日のお葬式、告別式に向けてどのような流れになるのかなどを喪主、遺族は確認します。